血糖値を下げる食事とは

MENU

 

血糖値は数字が高い状態が続くと様々な病気の元になるケースが多いです。しかし、近年、糖分が多く含まれた食品が増えてきたこともあり、昔に比べると血糖値は高くなりやすい傾向にあります。※「ね」を取りました。

 

そのため、運動や食事制限などを行い、数値を下げていくのが望ましいのですが、その他、血糖値を下げる食材を積極的に摂るようにするのも効果的なのではないでしょうか?

 

そこで今回は血糖値を下げる食事に取り入れたい食材や調味料をご紹介します。


玉ねぎ

玉ねぎには「イソアリイン」と呼ばれる成分が含まれており、この成分の効果としてインスリンの働きを良くするというのがあります。インスリンはすい臓から分泌されるホルモンで血糖値を下げる働きをする数少ない役割を担っています。

 

そのため、インスリンの働きが良くないと血糖値が下がらない状態に陥りやすく、高血糖の原因となるのですね。なので、血糖値を下げるためにはその働きを良くすることが基本となるでしょう。

 

その意味では玉ねぎのようにインスリンの働きを良くする成分を含む食材を取り入れるのは症状改善に効果的であると言えますね。また、玉ねぎは汎用性に優れ、様々な料理に用いることができます。

 

ですので、苦手な方やアレルギーの方は別としても比較的、摂取しやすい食べものと言えるのではないでしょうか?

ヨーグルト

ヨーグルトが健康に良いと言うのを聞いたことがある方も多いかと思いますが、血糖値の低下という点でも効果が期待できます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸に届くことで腸壁が刺激され、「GLP-1」と呼ばれるホルモンが分泌されます。

 

このホルモンにはインスリンの働きを良くする作用があるため、玉ねぎと同様の効果が期待できる上、玉ねぎと違い、クセがありませんから、誰でも摂取しやすい食品とも言えます。※「ね」を取りました。

 

単品でも食べやすい上、低カロリー、低糖の物も販売されていますから、状況によって使い分けることが可能な点も評価できるポイントではないでしょうか?また、乳酸菌には健康効果も認められていますので、血糖値を下げる以外にも健康維持の面で優れている点も見逃せません。

 

同じ乳製品というところで言えば、チーズでも代用することはできますので、是非、試してみてください。※「ね」を取りました。

オリーブオイル

オリーブオイルは名前の通り、油なので、一見すると適していないように思えますが、内容成分的には効果が認められています。オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」はインスリンの働きを良くする作用がありますから、一般の油の代わりに使うことで血糖値を下げることができます。※「ね」を取りました。

 

カロリー的には普通の油もオリーブオイルも同程度ですが、「オレイン酸」の効果も含めるとオリーブオイルをメインに使うようにすることで血糖値の減少に繋げることは十分に可能です。何よりも全く油を使用することなく、調理するのは困難ですから、こういったちょっとした工夫を取り入れていくことも重要です。

 

食材はもちろんのこと、調味料にもこだわることは大事なので、覚えておきましょう。

まとめ

以上、血糖値を下げる食事に取り入れたい食材や調味料のご紹介でした。血糖値を下げるためにはまず、食生活を変えていくことが第一歩となります。その意味では今回ご紹介した食材等は比較的取り入れやすいものと言えるのではないでしょうか?

 

特にヨーグルトは苦手な人が少ないのでおすすめです。玉ねぎやオリーブオイルも抵抗がない方は是非、試してみてください。